商品説明

もう浸らない!ドリップバッグコーヒーは「浮かせて」淹れる!アウトドアにも最適!

カップの中で、コーヒーに浸っているドリップバッグ、気になりませんか?

ドリップバッグコーヒーって、カップ一杯分をすぐにドリップできて後片付けも簡単だから、手間をかけずに美味しいコーヒーを飲みたい時には、とても便利ですよね。

でも・・・、淹れている間、カップの中の抽出されたコーヒーに、ドリップバッグがどんどん浸ってしまいます。これって気になりませんか?

そんなあなたにおすすめしたいのが、今回ご紹介する「ドリップバッグキーパー」。

カップの上に載せるだけでドリップバッグが浸りません。オールステンレス製だから衛生的で丈夫。サイズもコンパクトだから、ステンレスの外観と相まって、アウトドアでの使用にも最適です。

抽出方法を「浸漬式」から「透過式」に!

ドリップバッグコーヒーの抽出方法は、浸漬式と呼ばれるコーヒー粉をお湯に浸して抽出する方法です。

傾向としては、抽出中もコーヒー粉がお湯に浸っているので、過抽出(コーヒー豆のいろんな成分がたくさん出過ぎる)になりやすいと言われていますが、浸漬式で身近なフレンチプレスは、フィルターが金属製でコーヒーオイルなど豆の成分をすべて抽出できるため、豆本来の味わいを楽しめるという意見も多く、そこが魅力なのだと思います。

また、休日など、ゆっくりしたいときには、お気に入りのコーヒー豆を買ってきて、ドリッパーを使ったペーパードリップをする人も増えたのではないでしょうか。

ドリッパーを使った抽出方法は、透過式と呼ばれ、コーヒー粉にお湯を通過させることでコーヒーの成分を抽出する方法です。

過抽出を抑え、すっきりとした味わいになる傾向にあり、透過式で身近なペーパードリップは、ペーパーフィルターが適度に余分な成分を吸い取るので、雑味のないクリアな味わいが魅力です。

そこで冒頭の「気になりませんか?」ですが、カフェやおうちでペーパードリップ(透過式)に馴染んでいると、「抽出中にカップの中でコーヒーに浸っているドリップバッグ」って、やっぱり気になると思うんです。フレンチプレスのような金属フィルターと違ってバッグが紙製ですから豆の成分をすべて抽出・・・とは言えないかもしれませんし、ちょっとお高いドリップバッグコーヒーには、ドリッパーのようにカップの上に載せるタイプもありますから・・・。

もし、ドリップバッグコーヒーの手軽さや便利さで、ペーパードリップのように淹れることができたら、もっと気軽に美味しいコーヒーを楽しめそうですね!

そんな思いに応えたのが「ドリップバッグキーパー」です。

カップの上に載せるだけ!ドリップバッグが浸りません。浸漬式から透過式に抽出方法をチェンジします。これで、「気になる・・・」も解決!美味しいコーヒーを楽しめます!

片側で引っ掛けるタイプのドリップバッグにも対応

ドリップバッグにはいろんなサイズがあり、ドリップバッグキーパーは「両側に引っ掛けるタイプ」と「片側に引っ掛けるタイプ」の両方のタイプに対応します。

「両側に引っ掛けるタイプ」の例

ドリップバッグキーパーは、「両側に引っ掛けるタイプ」の様々なサイズに概ね対応します。

「両側に引っ掛けるタイプ」の中でも、バッグが深いタイプ(カップにセットしたときにコーヒーバッグがほとんどカップに収まるタイプ)は、様々なサイズに概ね対応しますが、バッグが浅いタイプや、カップにセットしたときにコーヒーバッグの位置が高いタイプには対応しません。

「片側に引っ掛けるタイプ」の例

ドリップバッグキーパーは、「片側に引っ掛けるタイプ」にも対応します。

両方のタイプに対応するように何度も試作を行い、抽出中の安定感や、保持する高さ、どのくらいお湯を注いだのかカップの中が見える仕様など、使いやすさにこだわりました。

まだまだある使いやすさ!

ドリップバッグをしっかりホールド

ドリップバッグキーパーは、両側に引っ掛けるタイプ、片側で引っ掛けるタイプ、どちらのタイプのドリップバッグもしっかりとホールドします。

両側に引っ掛けるタイプの場合、いちばん上のリングの直径はドリップバッグをセットしやすいようにやや大きくなっており、ドリップバッグを引っ掛けるとバッグを適度に広げる大きさにもなっています。

片側に引っ掛けるタイプの場合、いちばん上のリングの直径が、2番目と3番目のリングよりやや大きいことで、ドリップバッグにお湯を注いだ時に、お湯の重さでバッグが傾き過ぎないように抑える効果があります。

4本の脚が高い安定感を生む

ドリップバッグキーパーの脚は4本。カップにドリップバッグキーパーを載せると、とても安定します。前述のようにドリップバッグもしっかりホールドするので、お湯が注ぎやすくなります。

淹れながらカップの中身が見える

ドリップバッグキーパーは、ドリップ中に「今、コーヒーがどのくらいカップに落ちているのか?」が視認しやすくなっています。

アウトドアシーンなどではカップの中を目視で確認できますから、溢れそうになったり、少なすぎたりということが無くなります。

ちなみに、お湯の量は一杯分120〜150ccくらいを目安に、お好みで調整してくださいね。マグカップなどに入れるとちょっと少ないかな?くらいの量になりますよ。(説明書通りにドリップバッグコーヒーを淹れて浸ったバッグを引き上げると「少なっ!」って感じませんか?あのくらいの量です。ソーサー付きのコーヒーカップだとちょうどいい量なんですよね。)

持ち上げやすく、熱くなりにくい形状

ドリップバッグキーパーは、ドリップ後、あるいはドリップ中でも、本体を持ち上げやすい形状に設計されています。

いちばん上のリングがやや大きく、支柱もそれに沿った形状で、持ち上げたときに指が掛かりやすくなっています。本体が持ち上げやすいと、注いだお湯を全部落とし切らない抽出方法など、ペーパードリップのテクニックもやりやすいでしょう。

また、金属製(18-8ステンレス製)の本体は熱伝導で熱くなりそうですが、両側に引っ掛けるタイプならドリップバッグとほとんど触れないので、通常の使い方では持ち上げるときに熱いと感じることはほとんどありません。ちなみに、片側に引っ掛けるタイプでも、本体全部が熱くなることはありません。

コーヒーカップは内径64mmから外径94mmまで対応

ドリップバッグキーパーが対応するコーヒーカップのサイズは、

内径64mmから外径94mmまでです。

大小さまざまなサイズのコーヒーカップに対応します。

汚れにくく、洗うのもカンタン

ドリップバッグキーパーは、抽出中にドリップバッグとほとんど触れないので、汚れにくくなっています。洗うときは、サッと水に流すだけできれいになりますので、アウトドアシーンでも使いやすいでしょう。(汚れた時は、洗剤を付けたスポンジで優しく洗ってください。食洗機でも洗えます。その際は金属製のためドリッパー自体が熱くなりますのでご注意ください。)

衛生的で丈夫なステンレス製

ドリップバッグキーパーの素材はすべて18-8ステンレス鋼。この金属はキッチンやバス、トイレなどの水回りでよく使用されている金属です。

スプーンやフォークなどにもよく使われていることから、サビにくく、耐久性があり、ニオイ移りしにくく、汚れに強いので衛生的に使えるといえます。

陶器やガラスのように割れたり欠けたりもせず、プラスチックよりも熱に強いので、落としたりして変形などしなければ、一生モノとして永く使えます。

コンパクトなサイズはアウトドアにも最適

美味しいコーヒーをキャンプなどのアウトドアシーンでも楽しみたい!そんなコダワリ派にもおすすめです。

分解や折畳みは出来ませんが、コンパクトなサイズ(約W96×D96×H50 mm、約98g)ですから持ち運びに大きなスペースは必要としません。

また、アウトドアで通常のペーパーフィルターを使おうとすると飛んだりして風に悩まされますが、ドリップバッグホルダーならドリップバッグをしっかりホールドするので、風の心配をせずに透過式ドリップを楽しめます。

また、カップの中身を目視で確認できるので、注ぐお湯の量も、多すぎたり少なすぎたりすることもありません。

最近は、コーヒー粉が入っていないドリップバッグがコーヒーフィルターとして市販されていますので、これならロースターで買うお気に入りのコーヒー豆も簡単に野外で楽しむことができますね。

加えて、前述のように後片付けは簡単です。汚れにくい設計ですから、洗うときは、サッと水に流すだけ。

オール18-8ステンレス製の堅牢性や質感は、アウトドアシーンでも違和感なく溶け込み、キャンプなどで素敵な時間を過ごせるでしょう!

夏にはアイスで!

少し大きめのグラスに氷をたくさん入れて、いつもより濃いめに淹れたらアイスコーヒーの出来上がり!ドリップバッグキーパーを使うことで、夏にはドリップバッグコーヒーで簡単にアイスコーヒーが楽しめます。

ドリップバッグキーパーの使い方

用意するもの

  • ドリップバッグコーヒー
  • お気に入りのコーヒーカップ
  • ドリップバッグキーパー
  • ドリップ用ケトル
    (蓋無しタイプで1〜2杯用の小さな容量のものがあると使いやすいですよ。また、ドリップ用の電気ケトルもおすすめです。温度管理ができるものもありますし、何より淹れる度の後片付けもありませんから。)
  • デジタルスケール
    (キッチン用でOK。無くても大丈夫です。)

では、淹れましょう!

お湯を沸かします。

ドリップバッグキーパーにドリップバッグコーヒーをセットします。

ドリップバッグコーヒーの下端がカップ内に収まっているか確認してください。

お湯が沸いたらドリップ用ケトルにお湯を注ぎます。お湯をドリップ用ケトルに移すだけで温度もちょうど良くなります。ドリップ用ケトルで直接沸かした場合は温度を少し下げたいのでちょっと待ちましょう。

デジタルスケールのカウンターをゼロにリセットし、蒸らし用にお湯を注ぎます。目安として20〜30mlくらいとよく言われますが、コーヒー粉全体を湿らせて、コーヒーが少しカップに落ちれば良いと思います。

ここで豆を蒸らす為に30秒くらい待ちます。コーヒーの良い香りがしてきますね。

さぁ、お湯を注ぎましょう!

円を描くように優しく注ぎます。濃い目が良ければゆっくりと、あっさり仕上げたいなら少し早めに注ぎます。ドリップバッグキーパーで透過式に変えたことで、ペーパードリップのような淹れ方ができます。

お湯が落ちきる前に、お湯を数回に分けて継ぎ足します。

デジタルスケールかカップ内を目視で確認しながら目的の量まで注いだら、あとは落ち切るまで待ちます。待たずに途中でドリッパーを外す淹れ方もありますよね。その場合は、レスト用カップ(別のコーヒーカップや耐熱グラスでOK)を用意し、ドリップバッグキーパーを持ち上げて、サッとレスト用カップに移しましょう。こんな風に色々試せるのも透過式の良いところです!

お手入れについて

ステンレスは錆に強く汚れもつきにくいですが、汚れや水あかの付着により錆が発生する場合があります。汚れがひどくなる前にお手入れを行ってください。

  • 最初にご使用になる前に食器用中性洗剤をつけた柔らかいスポンジで充分に洗ってください。
  • ご使用後は食器用中性洗剤をつけた柔らかいスポンジで洗ってください。洗った後は水気を拭き取り、充分乾燥させてから保管してください。
  • 漂白剤、クレンザーなどは表面に傷をつける恐れがありますので使用しないでください。
  • 塩分や酸を含んだ汚れを付着したまま放置しないでください。アルミや鉄などの異種金属と接触した状態で放置しないでください。湿気の多い場所での保管は避けてください。錆や変色の原因になります。

※食器洗浄機をお使いの場合は、洗浄後に製品が高温になっている場合がありますので不用意に製品に触れないでください。火傷をするおそれがあります。

商品詳細

商品名
ドリップバッグキーパー
商品コード
5208551
ブランド
U+RooLee (ゆるり)
外形寸法(約)
W96×D96×H50 mm
製品重量(約)
98g
材質
ステンレス鋼(クロム18%、ニッケル8%)
表面処理
電解研磨処理
生産国
日本

ドリップバッグキーパー

4,290(税込)

42ポイント獲得できます

数量

在庫あり/あと18個